便利でも、不便な世の中


敷地調査図面作成担当の加藤です。

2週間ほど前に「蒲蒲線」についての記事を目にしました。

・蒲蒲線(かまかません)

大田区などが調査・計画中の鉄道路線である。
東京急行電鉄(東急)の蒲田駅と京浜急行電鉄(京急)の京急蒲田駅を
連絡し大田区東西方向の移動の利便性を向上するとともに、羽田空港
へのアクセスを改善する空港連絡鉄道として検討が進められている。
(ウィキペディア記載より)

蒲蒲線1


渋谷方面から羽田空港へ利用したい人が、JR蒲田駅~京急蒲田駅の
800mの乗換移動がイヤで、わざわざ品川まで行かなければならないと
言う、酷な話です。
無論、無駄な運賃も掛かる訳です。


そう。10年以上前になるでしょうか。
当時、川崎に住んでいた友人宅へ訪問する際、非常に不便だと思いました。

同じ「蒲田駅」なのに、何でこんなに離れてる訳?って。
移動手段にはバス等の何かしらあったと思いますが、田舎者の私は歩き
ました。

まあ、鉄道会社も違う訳ですから、駅舎が違うのは当然な事なんでしょうが、
それにしても住民は大変でしょう。

よって、何十年も前から計画は進められている様ですが、
個人的な意見ではありますが、最終的には厳しいと思います。

蒲蒲線2

蒲蒲線3

予算もそうですが、
東急電鉄が軌道幅1067mm、京急が1345mm、この2つの軌道幅で
同じところに走るとなると難しすぎます。
三軌道化の話もありましたが、東急側が拒否しましたし。

蒲蒲線4

もし、もし可能だとすれば、一刻も早く
フリーゲージトレイン の開発をすすめて頂きたいものです。

蒲蒲線5

※フリーゲージトレイン(FGT)については、次の機会にお話します。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

住宅地盤

Author:住宅地盤
=業務内容=
・地盤調査
(SWS試験,表面波探査)
・沈下特性の解析
・液状化の簡易判定
・地盤環境・軟弱地盤
・土壌汚染
・敷地調査・現況測量
・建物診断
(検査・住宅かし保険)
・セカンドオピニオン
・振動調査・動的耐震診断
・地震・液状化対策
・スーパージオ工法
・20年保証
・ホームアススタンス24
・スポット団信
・完成引渡しサポート
・既存住宅地盤保証

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ