天童城の紹介~歴史編~


おはようございます。
山形営業所の小玉です。

今回は天童城の紹介です。
2度に分けさせてもらいます。

今回は歴史についてと
次回は天童城の現在を紹介します。


まずは天童城の形状

天童市街地の南東にある標高242m、比高120mの独立峰、舞鶴山(愛宕山)
全体が城跡となっています。
山の大きさは直径800mほどあり、山全体に城郭遺構があるというので巨大
な山城である。
また、山形県内最大規模とされています。
山の何処に城があったのか明確ではないです。


天童城の歴史

1375年以降、天童城に天童氏が居城していました。天童氏は一門を領地に
分散配置することで村山郡に大きな勢力を築き、次第に最上氏と対立する
までになったとされます。
1577年、最上義光は天童城を攻め、天童氏は援軍を得て最上軍を撤退させ
るが、1584年に最上義光が再度攻めに来ると、あの最上義光の配下でも
有名な武将の延沢信景などが天童氏を寝返り、そのまま最上に勢いがつき
落城してしまう。そのあとは廃城になったとも。

1600年の慶長出羽合戦では上杉軍が攻め込んで来ても落城しなかったと。
また攻められてもないとも。

天保元年の1830年に天童藩主、織田氏が入り、陣屋は天童の田鶴町に
置かれたとのこと。
行政面を重視した近世後期の城郭であったが、戊辰戦争の際に焼失して
しまった。

天童城1

天童城2

天童城3


今回はここまでです。

次回は天童城の現在の様子を紹介します。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

住宅地盤

Author:住宅地盤
=業務内容=
・地盤調査
(SWS試験,表面波探査)
・沈下特性の解析
・液状化の簡易判定
・地盤環境・軟弱地盤
・土壌汚染
・敷地調査・現況測量
・建物診断
(検査・住宅かし保険)
・セカンドオピニオン
・振動調査・動的耐震診断
・地震・液状化対策
・スーパージオ工法
・20年保証
・ホームアススタンス24
・スポット団信
・完成引渡しサポート
・既存住宅地盤保証

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ