北陸新幹線

敷地調査図面作成担当の加藤です。

さて、いよいよ3月14日に金沢まで開業の「北陸新幹線」。
北陸新幹線
発案から40年以上の月日を経て、ようやくその日を迎えようとしています。
私はまだ産まれてもいませんね。

各メディアでは260Km走行と報道されていますが、
「何故に260km?? もっとイケよ。」
と思う方が多い事でしょう。

それは 「全国新幹線鉄道整備法」(昭和48年)たる法律に基づいて
造られているからなのです。

40年以上前の政治家様が、
「大半の建設費用は国が面倒みてやるよ!」
 的なイケイケな考えで施行しました。

そう!!
国の税金が大量に費やされている訳なんです。
その割には、要所要所ケチって建設されているので、
カーブが多くスピードが出せない訳なんです。
直線ルートだとトンネル掘削工事が必要になり、超莫大な費用が掛かり
ますので。

もし、現在の日本でこの法案が提出されたとしたら、
「即、却下!!」 になるでしょうね。

国家予算や、政治家等の難しい話はここまで。
↑↑

----------------------

↓↓
ここからはマニア的な疑問を。

E7系新幹線とは言うものの、実はW7系新幹線も存在しています。

E → EAST → 東 → JR東日本
W → WEST → 西 → JR西日本

JR東日本とJR西日本の共同開発車両にて外観は一緒ですが、
車両所有社が異なります。
故に、もちろん区間運賃は一緒でしょうが、内装やサービスは若干の
違いがあるのではないでしょうか?

そこで疑問。
当然、運転士は各社の運転士ですが、
車内放送はどうなんでしょう?
更に、その放送前に流れるメロディは??

現在JR東日本は男性の声で放送していますが、
JR西日本は女性の声で放送しています。
(JR東海も女性ですね)
同じ区間なのに車内放送が異なる訳??

ネットで検索しても、この事に関してのコメントは見つけられませんでした。
どうらや、自分自身で確認する必要があるようです。

よって、今後の楽しみが増えました。

----------------------

同日の3月14日に新規開業となる、
「在来線 上野東京ライン」 も気になるところです。
通勤などで、常磐線、高崎線、宇都宮線を利用されている方々は便利
でしょうね。
一方、東海道線を利用されてる人にはちょっと不便になりそうですね。

上野東京ライン1

上野東京ライン2


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

住宅地盤

Author:住宅地盤
=業務内容=
・地盤調査
(SWS試験,表面波探査)
・沈下特性の解析
・液状化の簡易判定
・地盤環境・軟弱地盤
・土壌汚染
・敷地調査・現況測量
・建物診断
(検査・住宅かし保険)
・セカンドオピニオン
・振動調査・動的耐震診断
・地震・液状化対策
・スーパージオ工法
・20年保証
・ホームアススタンス24
・スポット団信
・完成引渡しサポート
・既存住宅地盤保証

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ