ジオパーク、その2

おはようございます
社長の寺沢です。

日本海に突出している男鹿半島。
その東部には琵琶湖に次いで2番目に広い湖だった八郎湖が存在していた。
その一帯が「男鹿半島・大潟」ジオパークである。

大潟村

4月15日(火)秋田さきがけ


4月29日、子供の部活動の引率で潟上市に出かけました。
その待ち時間の間に、大潟村まで足を延ばしてみました。
八郎潟町から西に車を走らせた途中の風景です。

おおがたむら1
おおがたむら2

水田地帯の中を直線道路が10㎞以上続く。
その両脇には菜の花と桜並木。
黄色とピンクが青い空に映えてとても綺麗でした。
ゴールデンウィークの後半まで桜がもてばよいが。

そして、天王スカイタワーに登り日本海を一望。

これまた綺麗な風景でした。
日本海とその周囲を一望できる施設は秋田市から男鹿市にかけて3ヵ所あります。
秋田市・・・道の駅「あきた港」ポートタワー・セリオン
潟上市・・・道の駅「てんのう」天王スカイタワー
男鹿市・・・寒風山頂上展望台
天気が良ければ3ヵ所で秋田市から能代市までの日本海側の風景は網羅できます。


ところでわが社には男鹿市出身者の女性が2名在籍。

男鹿の魅力その1、かし保険受付担当の鈴木から
男鹿の魅力その2、広報担当の佐藤から、
それではどうぞ!

と、いう事で
かし保険受付担当の鈴木からお伝えいたします!

GAOもいいですねェ~(←帰省の度行ってます)
八望台もいいですねェ~
しかぁし、どこに行っても混雑しているはず…なので
ちょっと穴場的(?!)な場所をご紹介します

カンカネ洞 は西海岸に点在する洞窟のなかで最大級の大きさを誇っています。
洞の中の広さはおよそ50坪、高さは7丈、海に面した方に2つの大きな窓があり、
押し寄せるさざ波が、洞の中に響き、不思議な世界を作り出しています。
カンカネ洞は加茂青砂部落はずれの浜辺にあります。岩が邪魔をして人馬が通れず、
訪れる人もまれな部落でした。夜は錠前をおろして怪しい者の侵入に備えました。
その錠前をカンカネと呼んでいたことから、
しだいに、カンカネ洞といわれるようになったそうです。
陸上からアクセスできるので立ち寄ってみてはいかがですか?

①
②


五社堂 999の石段・・・鬼が赤神神社まで999の石段を一夜にして築いたという伝説があります。

③


実際に数えてみてはいかがでしょうwww
坂をはるかに登ると、『姿見の井戸』というのがあります。

④


この井戸の言い伝えは…『この水鏡が曇り、真個の形が写らない人は、
命が長くないと占われる。』と言われています。
私は実家の母に『井戸は覗くな!』と
子供の頃から言われているので覗いてはおりません

どちらも、パワースポット的な場所ですね。
心身のリフレッシュをしてみてはいかがでしょうか

・・・五社堂は軽い(!?)山登りですwww

「男鹿半島・大潟」ジオパーク、
『気つけで けぇ』
訳:気を付けて 来てください

続きまして
生まれも・育ちも男鹿の佐藤です。
私が生まれた地域は
幼稚園から遠足とは別に
「寒風山登山」と言うものが毎年ありました。

今考えると「過酷」の一言です。

小さい頃から自然に親しみ
自然から色んな事を学んできました。

そんな私が紹介するのは
滝の頭
ここの湧き水を使ってお酒が作られるほどの名水です。
水を使って入れたコーヒーも美味い!!
道路沿いには、水汲みが出来る所もありますが
遊歩道を歩いてちょっと奥まで足を伸ばしてください。
たきのかしら
とっても綺麗な場所があなたを出迎えてくれます。

そして、もう一つ
寒風山上り口から少し行った所にある
岩清水
岩清水
ここも湧き水が湧いている場所ですが、
空気が少し違います。
実際、行って是非体感してください。

そして、自然からの恵みを頂き季節を感じます
1398829148428.jpg


「男鹿半島・大潟」ジオパークは
これからが
絶好の季節です。

  しったげ うめものもいっぺあるがら
訳:すごく  おいしいものもいっぱいあるので 

きれけれなぁ~ まってるどぉ~
きてね~    まってま~す


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

住宅地盤

Author:住宅地盤
=業務内容=
・地盤調査
(SWS試験,表面波探査)
・沈下特性の解析
・液状化の簡易判定
・地盤環境・軟弱地盤
・土壌汚染
・敷地調査・現況測量
・建物診断
(検査・住宅かし保険)
・セカンドオピニオン
・振動調査・動的耐震診断
・地震・液状化対策
・スーパージオ工法
・20年保証
・ホームアススタンス24
・スポット団信
・完成引渡しサポート
・既存住宅地盤保証

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ