路面電車

敷地調査作図担当の 加藤 です。
 
先日記事になっていました 長崎市路面電車 の脱線事故についてです。

路面電車1

 
昨年10月 脱線事故発生
今年6月 レール交換の上運行再開

その10日後 再脱線事故

路面電車2

 
この事故による死傷者は出ていませんが、
「原因は不明」 との事で、現時点での運行再開の目処はたっていないとの事。
 
時速10km以下の走行で脱線してしまったのですから当然です。
 
 
路面電車
現在の秋田市では馴染みはありませんが、1960年代には存在していました。

路面電車3

 
某高校の校舎が建築中(改築?)です。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

いすみ鉄道


敷地調査作図担当 加藤 です。

先日BSを観ていたら 「千葉県 いすみ鉄道特集」 を放送していました。

※いすみ鉄道株式会社
千葉県夷隅郡大多喜町に本社を置き、日本国有鉄道(国鉄)特定地方
交通線の一つだった木原線を引き継いだ鉄道路線いすみ線を運営する、
沿線自治体などが出資する第三セクター方式の鉄道事業者。

2009年から鳥塚亮 氏が新社長に就任してからというもの、
なんとも面白いイベントを次から次へと発案する方で、一度は廃線の
危機にさらされたこのいすみ鉄道を存続させた敏腕社長です。


社長曰く、
運賃だけで黒字を出そうとする事業は、将来の延びしろが無いとの事。

もはや何かの哲学としか言いようがありません。

その数あるイベントの中から、私が思わず おー と言ってしまったイベント
を紹介します。

[夜行列車イベント]
19:00大原駅を出発し、上総中野駅までの約26Km(50分)の区間を2往復
した後、大多喜駅に6:00着

ただ深夜帯に走る列車に乗るだけのイベントだそうです。
その他、夕食と温泉にも入れるセット付き。

いすみ鉄道1

それが大盛況だったらしく、ちょっと体験してみたいなー と思いました。

まあ、当然車内はこうなりますよね。

↓↓

いすみ鉄道2

いすみ鉄道3



にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

さらば485系

敷地調査作図担当の加藤です。

6月18日、「特急あいづ」特急車両485系がラストランを迎えました。

485系1


485系・・・

秋田新幹線こまちが運行する前に
私が通っていた小学校の窓から毎日見えてました。

特急たざわ 

485系2



特急つばさ

485系3


懐かしいです。



この「特急あいづ」 ラストランイベントにて珍事が起きました。
案内板の文字が・・・

485系4


「喜多方ラーメン 号」 って。

理由は、2004年にイベント時に使用したデータが誤って送信されたとの事。

本当ですかね??
12年前ですよ!!

まあ、JR東日本さんが真意を語っているものと判断します。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

VIEWカード


敷地調査図面作成担当の加藤です。

5月~9月まで、どうやら長男の野球スポ少の為、ほぼ日曜日が
潰れるであろう予定が先日の会合にて公表されました。
子供の為なんでまあ良いですけどね。

そこで、9月の秋休み~年末付近を狙い
「ダイナミックパッケージ」にて国内旅行の計画を立ててみました。

そもそも「ダイナミックパッケージ」とは、
航空券では既に活用されている、自由に旅行を計画できるというもの。
昨年11月27日からJR東日本による本格的な鉄道のダイナミックパッケージ
が始まりました。

VIEWカード1


これは便利。
みるみるうちに内容が決まって行きます。

決済はJR東日本クレジットカード その名も「VIEWカード」
ポイントも付いてお徳。

VIEWカード2


ん? まてよ。

ここで気付きました。

ここではお話出来ませんが、
VIEWカードがあるならば、
あれをこうやって、これをこうやれば・・・

やはり!
更にポイントが付くではありませんか! と発見した話であります。
別に違法でも何でもありませんから、ポイント還元やらの説明文を
じっくり読めば分かると思います。

是非どうぞ。

ちなみに私は、貯まったポイントは 「びゅう商品券」 に交換し、
近所の金券ショップにて現金化しております。

VIEWカード3


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フリーゲージトレイン


敷地調査図面作成担当の加藤です。

前回、最後にお話した「フリーゲージトレイン(FGT)」
ついてです。

フリーゲージトレイン1

平成10年に始めて試験車両が製造されました。
写真は現在の3代目で、なかなか格好よろしい風貌ではありますが、
今まで猛烈な税金が遣われています。

------------------------------

元来、線路幅が違う車両はお互いを行き来はできません。
当然です。

その手段として別路線の違う車両へ乗換えるか、線路を秋田新幹線
みたいに三線化するかの策しかなかったのですが、車両台車側で
走行中に車輪幅を変える事により、線路幅の違う路線の交互通行を
可能にしました。
その装置を搭載しているのがフリーゲージトレインなのです。

フリーゲージトレイン2

しかし、まだまだまだまだまだ実験中の車両です。
と言うか、実用化されるかどうかも危ぶまれているのが現状です。

現在も九州で実験を行っていますが、
まず耐久性に問題アリです。
また、台車の可変所要時間が掛かり過ぎです。

将来実用化されれば「長崎新幹線」や、前回お話した「蒲蒲線」
活躍の場になるとされています。
長崎新幹線は一部区間着工していますね。

フリーゲージトレイン3

フリーゲージトレイン4


是非、今までの税金が無駄にならない様に今後の技術革新を期待
しています。

※映画「交渉人 真下正義」に、フリーゲージトレインをモデルに
した架空車両が登場していました。

フリーゲージトレイン5


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

便利でも、不便な世の中


敷地調査図面作成担当の加藤です。

2週間ほど前に「蒲蒲線」についての記事を目にしました。

・蒲蒲線(かまかません)

大田区などが調査・計画中の鉄道路線である。
東京急行電鉄(東急)の蒲田駅と京浜急行電鉄(京急)の京急蒲田駅を
連絡し大田区東西方向の移動の利便性を向上するとともに、羽田空港
へのアクセスを改善する空港連絡鉄道として検討が進められている。
(ウィキペディア記載より)

蒲蒲線1


渋谷方面から羽田空港へ利用したい人が、JR蒲田駅~京急蒲田駅の
800mの乗換移動がイヤで、わざわざ品川まで行かなければならないと
言う、酷な話です。
無論、無駄な運賃も掛かる訳です。


そう。10年以上前になるでしょうか。
当時、川崎に住んでいた友人宅へ訪問する際、非常に不便だと思いました。

同じ「蒲田駅」なのに、何でこんなに離れてる訳?って。
移動手段にはバス等の何かしらあったと思いますが、田舎者の私は歩き
ました。

まあ、鉄道会社も違う訳ですから、駅舎が違うのは当然な事なんでしょうが、
それにしても住民は大変でしょう。

よって、何十年も前から計画は進められている様ですが、
個人的な意見ではありますが、最終的には厳しいと思います。

蒲蒲線2

蒲蒲線3

予算もそうですが、
東急電鉄が軌道幅1067mm、京急が1345mm、この2つの軌道幅で
同じところに走るとなると難しすぎます。
三軌道化の話もありましたが、東急側が拒否しましたし。

蒲蒲線4

もし、もし可能だとすれば、一刻も早く
フリーゲージトレイン の開発をすすめて頂きたいものです。

蒲蒲線5

※フリーゲージトレイン(FGT)については、次の機会にお話します。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

500

敷地調査図面作成担当の加藤です。

JR西日本は、4月29日に「京都鉄道博物館」をオープン予定です。

500系1


京都駅から西側へ徒歩20分、53両収蔵予定との事です。
無論、5年前に「大宮鉄道博物館」へは行きましたが、
そのスケールを遥かに凌いでいる様に思えます。
負けるな!JR東

500系2

館内イメージ写真では500系新幹線が見えますが、
そう!500系新幹線は全車両、JR西日本所有車両です。

JR東海は1両も所有していません。

よって、昨年から営業している「エヴァ仕様500系」は、
新大阪~博多間でしか営業していません。
簡単に言えば隣の家の敷地なんで、新大阪より東京側へは来たくても
来れないのです。

500系3

・16両編成1323席の確保が出来ていない
・東海道新幹線用の保安装置が搭載されていない

などの理由で、JR東海に断られているのだそうです。
ま、それ以外のビジネス的な理由も含まれていると思われますが。


個人的にエヴァ仕様はどうでもいいのですが、
完全廃車になる前に500系には乗ってみたいと思います。

500系メリット
・風切り音が少ない

500系デメリット
・狭い


500系4


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

杜の都 新路線


敷地調査図面作成担当の加藤です。

12月6日 長年の歳月を経て、遂に「仙台市地下鉄東西線」が
開業しました。

杜の都新路線1


そもそもの構想は1970年代。
その間、様々な支障がありましたがやっと開業しました。

中でも、あの「ケヤキ並木」の伐採には市民による反対意見が
多く飛び交いました。
あのケヤキ並木は杜の都の象徴ですからね。
結果、老木との理由で一部伐採となりましたが。

杜の都新路線2


まあ、何を行うにしろ必ず問題は発生するので、仕方ないと言えば
仕方ない事です。


西側の起点駅は「八木山動物公園駅」との事で、
今後、八木山動物園・八木山ベニーランドへのアクセスが、
バスから電車へ以降するのではないかと予想されます。
後は、某大学・某工業大学の学生さん達も通学の便が良くなり、
大喜びなのではないでしょうか。

杜の都新路線3


無論車両は最新鋭の技術を搭載した車両となっています。
各自で調べてみて下さい。

--------------------------

さて、仙台市と言えば東北最大級の都市であり、
秋田県民でも愛着があります。
しかし、もうひとつ理由があります。

↓↓

仙台市HP   ←クリック


そう。
現・仙台 奥山恵美子 市長
秋田市出身の方なんです。

現在2期目なのですが、今後の更なるご活躍を期待致します。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

新型車両

敷地調査図面作成担当の加藤です。

今週月曜日、11月30日から山手線にて新型車両E235系が導入されました。

新型車両1

山手線では13年ぶりの新型車両です。
新型との事で勿論メリットはあります。

まずは内装

新型車両2

近未来をイメージさせる内装ですね。
その中でも、上部に設置されている液晶モニター。
よくもまあ、ここまでやったなと言った感じです。
このモニターで逐一、運行情報やら天気予報その他の駅周辺情報、
広告を表示するとの事です。
無論wi-fi機能は充実するでしょう。

それと優先席の絶対的な確保、
車椅子及びベビーカー等のフリースペースです。

新型車両3

後は機械的な方ですが、説明すると長くなるので各自で調べてみて下さい。


さて、E235系との事ですが、
なんで235って番号が付いてるの??
どこから来た235なの??って話ですが、

そもそもJRの列車の形式の付け方には決まりがあって、
百の位が1?3の場合は直流、4?6は交流・直流両用、7か8は交流、
9は試作車となっています。
十の位が0?3の場合は通勤形・近郊形の車両、4は事業用の車両、
5?8は特急形の車両、9は試作車となっています。
一の位は制作された順に1 → 3 → 5 → 7 → 9というようになります。

例えば今回のE235系の場合、
百の位が2なので直流用、
十の位が3なので通勤形の車両、
一の位が5なのでE231系 E233系に次いで3番目に制作された車両、
になる訳です。

車両形式番号は必ずどの車両にも記載されていますので、

列車ご利用の際は確認してみて下さい。

新型車両4



しかしながらこのE235系、不具合の為に当面運転を中止するそうです。
今まで何の為の試運転だったのでしょう。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リニアモーターカー


敷地調査図面作成担当の加藤です。

8月27日、JR東海は平成39年に東京(品川)-名古屋間の開業を目指す
リニア中央新幹線の本格着工しました。

リニアモーターカー1

リニアモーターカー2

現場は、最難関とされる南アルプスを貫く大トンネル(総延長25km)の
一部で、工期は平成37年10月末までの約10年間。

10年間!!

しかもトンネルの工事だけで。
もう工事してる事も忘れてしまう歳月です。

逆に言えば、作業している方々は10年間仕事があるって事になります。

遠い昔、私がまだ小学生だった頃、学校の図書室に
「未来の乗り物 リニアモーターカー」 って本がありました。
それが今になってやっとこさ工事開始に至りました。

正式なルートが決まるまで色々ありました。
南アルプス山脈を迂回させるルートとか、長野や静岡を通過させる
ルートとか・・
しかしまあ、最終的には短距離で結ぶ直線ルートで決定しました。

リニアモーターカー3
※写真3



そりゃそ-でしょ。

「短時間」がキーワードみたいな移動手段ですから、迂回したら意味ない
です。

ただ、今回着工したこのトンネル(総延長25km)ですが、時速500kmで移動
するリニアモーターカーに実際乗ると、
なんと!わずか3分程で通過してしまうんです。

3分!

驚くのは時速500kmで移動するリニアモーターカーの性能なのか?
はたまた、10年の歳月を費やしながらも25kmのトンネルを掘る技術なのか?

どちらも凄いです。

更に驚くのは、このリニアモーターカーには運転士が乗らないって事なんです。
全て自動制御で稼動するんです。恐らく車掌は乗るでしょうけど。
理由は簡単、もし乗ったとしても時速500kmですから、信号や標識が全く判別
出来ないから。
笑ってしまいますが、納得ですね。

因みに運賃は、現在の東京~名古屋間 東海道新幹線(約10000円)よりも、
若干高くなるとJR東海は発表しています。
若干ですか。
随分曖昧な金額設定ですね。
是非、一般市民が気軽に乗れる金額にしてもらいたいものです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

住宅地盤

Author:住宅地盤
=業務内容=
・地盤調査
(SWS試験,表面波探査)
・沈下特性の解析
・液状化の簡易判定
・地盤環境・軟弱地盤
・土壌汚染
・敷地調査・現況測量
・建物診断
(検査・住宅かし保険)
・セカンドオピニオン
・振動調査・動的耐震診断
・地震・液状化対策
・スーパージオ工法
・20年保証
・ホームアススタンス24
・スポット団信
・完成引渡しサポート
・既存住宅地盤保証

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ